ダブルコイルとは

ダブルコイルは、ラダー図において発生してしまうエラーです。ラダー図の描き方の問題で、慣れないうちは発生しやすくなります。

○ダブルコイルとは

ダブルコイルとは、名前のとおり、同じデバイス番号のコイルが2個以上描かれていることです。例えば、内部リレーのM0というコイルが2個以上使用されているということになります。M0の接点は複数使用できます。

リレー回路では、同じコイルを2個以上使うことは不可能です。この同じコイルというのは形式が同じではなく、1つのリレーのことです。CR0というリレーには、接点4個とコイルが1個あります。この1個のコイルを複数使用することはできないのです。

ラダー図は、リレー回路をパソコン内で作成するようなものです。しかし、リレー回路のような、現実世界ではできないことが、パソコン内のラダー図ではできてしまうのです。

○ダブルコイルの動作

ダブルコイルの動作は、実際にラダー図を描くようにならないと理解し難い思います。ダブルコイルは基本的に使用しないでください。一応、どのような動作になるか説明しておきます。

内部リレーをM0を使います。プログラム(ラダー図)の先頭と最終に1個ずつM0のコイルがあるとします。そしてM0がONするとY0の出力もONします。

先頭側のM0がONして、最終側のM0がOFFのときY0はどうなるでしょうか。

動作としてはOFFです。先頭側がOFFで最終側がONであればY0はONします。

つまり、プログラムの最終側に近い方が優先して出力されます。このような特性により、予期せぬ動作をしますので使わないようにしてください。実際には、プログラムスキャン中、内部リレーはONする区間があります。PLCの特性上Y0に出力されませ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする