リレーによる制御

リレーについて簡単に説明してきましたが、ここからは、制御としてのリレーの使い方を説明していきます。といっても特に難しく考える必要はありません。配線を少し工夫すればできます。

○リレー制御とは

リレーはリレーシーケンスとも呼ばれ、複数のリレーを使用していろいろな機器を制御します。

ただ順番に動作させるのではなく、例えば、押しボタンスイッチでリレーを動作させてシリンダーを前進。シリンダーが前進したときのシリンダーセンサーを利用してランプを点灯させるというように、制御対象の状態を確認しながらリレーを動作させていきます。

○リレー制御の重要性

リレー制御ですが、シーケンス制御を理解する上で必要です。また、「最終的にはPLCを使うから、リレー制御はいらない」などと、勝手に判断しないでください。

PLCへプログラムを書き込む段階になると分かると思いますが、基本はリレー制御です。

リレー制御の回路図をパソコン上で簡単に作成したものをラダー図と呼びますが、PLCにはラダー図を書き込んでいるのです。リレー制御ができないとPLCも使いこなせないということです。これから説明するリレー制御回路は、基本的にDC電源で制御しますが、リレーの電圧を変更すればACでも制御はできます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする