プログラムは経験

シーケンス制御に限ったことではありませんが、良いプログラミングには経験が必要です。どういうことかというと、プログラムは自分の好きなように作成できます。描き方も順番も自由です。10人作成すれば、10通りのプログラムができあがります。もちろん動作も同じです。何が違うのでしょうか?

違いはプログラムの構想です。プログラムの命令文などは、マニュアルを見れば動作します。初心者と上級者の違いなのです。ある処理を行うときの仕組みや考え方が違うのです。

これは経験でしか身につきません。いろいろなプログラムを見て、悪い部分と良い部分を見分け、良い部分を参考に覚えていくしかありません。人のプログラムを真似するだけでは身につきません。処理によって臨機応変に対応する必要があります。

しかし、焦る必要もありません。これからシーケンス制御を勉強する中で徐々に覚えていってください。誰でも最初から良いプログラムはできません。経験を積んで上達していくものです。焦らず確実に学習していきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする