シーケンサーへの書き込みと検証

ある程度プログラムができたら、実際にシーケンサーに書き込んでみます。机上では動作する予定でも、実際にシーケンサーに書き込んで動作させると思ったとおりに動かないことがほとんどです。

○シーケンサーへの書き込み

ある程度プログラムができあがったら、実際にシーケンサーに書き込んで動作確認を行います。

最初に、シーケンサーのRUN/STOP側に倒してください。RUN状態からでも、リモートでSTOP状態にして書き込めますが、最初は危険なため慣れるまでは、一度STOP状態にして書き込んでください。

プログラムに自信のない人は、最初は出力コイルをシーケンサーの「常時ON」接点などで動作しないようにしておきます。ブザーやランプなどは、特にこのようなことはしなくても良いのですが、シリンダーなどは、突然予定外の動作をすると大変危険なため、よく確認して出力を出してください。

次にRUN/STOPスイッチをRUN側に倒します。

○動作とデバッグ

いよいよプログラムを動かしていきます。モニタモードにして回路状態をモニタしながら、自分が考えた動作どおりに動いているかを確認します。ここからの作業は非常に大変ですが、モニタしながら1つずつ修正していきます。

手動回路がすべて動作したら、自動回路を動作させてみます。回路が間違っていると、突然動作しなくなったりします。モニタしてどの条件が入っていないかを確認し、修正していきます。このような作業をデバッグと呼びます。

デバッグ中は、タイムオーバーなどのエラーはキャンセルしておきます。タイムオーバーとは、各動作時間を測定し、動作が異常に長い場合、エラーを出して設備を停止させる回路です。タイムオーバーなどの異常回路は、基本的に最後に作成しても問題ありません。

正常に動作したら、最後に意地悪テストをしてみます。通常ではあり得ないことをします。このテストをクリアすれば完成です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする