ラダー図作成の基本

シーケンス制御でラダー図を作成する場合、描き方には基本があります。他の人にも分かりやすく描くことが重要です。一般的な書き方を説明します。

○動作

回路を作成するには、何がどのように動くか決める必要があります。説明のために次のような動作を行います。

UFOキャッチャーのようなイメージで、ハンドの下にワーク(製品)がきたら、ハンドが下降して、ワークを持って行くという単純な動きにします。

ハンドの下にワークがあればセンサーで検出し、ハンドを下降させます。下降後ワークをつかみ上昇します。そのまま目的の位置までワークを搬送し、ワークを置いて帰ってきます。単純にワークを一定の位置まで搬送する動作を繰り返します。このような設備はピック&プレースと呼びます。P.Pと略す場合もあります。

動作説明の時に、「ハンドが上昇したら・・・」のように。完了を確認する必要がありますが、これはシリンダーセンサーを使用して確認します。また、今回は説明用なのでフルワーク制御(排出先にワークがあった場合排出されない)などのインターロックは一切入っていません。

○歩進制御

歩進制御がどのような制御かというと、1つずつの動作を順番に繰り返す制御です。コイルを順番にONしていき、コイルに対して動作をします。この順番にONしていくコイルは、必ず前のコイルがONしていないと、次のコイルがONしないようになっています。

動作も順番に行われます。途中から動作したり、工程を飛ばすような動作はしません。分かりやすい描き方のため、多くのプログラムに使用されてます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする