シーケンサーとパソコンの接続方法

「GX Developer」を使用するために、シーケンサーとパソコンを接続する必要があります。基本的にデフォルトの設定でも通信できることがほとんどですが、パソコンの環境にもよりますので接続方法を確認しておきます。

○RS-232C、RS-422で接続

接続する前に、各シーケンサーの通信方式を確認する必要があります。一昔前のシーケンサーはRS-422接続が一般的でした。パソコン側にはこの接続ができないため、変換ケーブルを使うのが一般的です。一昔前といっても、まだまだ現役で稼働しています。そのため、シーケンサー関係の仕事をするのであれば、必ず変換ケーブルは必要です。

○USBで接続

最近のシーケンサーではUSB接続の機器も増えてきています。USB接続するにはドライバをインストールする必要があります。

まず、シーケンサーとパソコンをUSBケーブルで接続すると右下に「新しいデバイス・・・」と表示が出てきます。次にドライバのインストール画面が表示されますが、ドライバは「GX Developer」をインストールしたときに下記フォルダに入っています。

【¥MELSEC\Easysocket\USBDrivers】

上記フォルダは「GX Developer」のインストールフォルダにあります。デフォルトではCドライブです。インストール画面が表示されたら、「一覧または特定の場所からインストールする」を選択し、「次へ」ボタンをクリックした後上記フォルダを指定してください。この作業をしないとUSBでの接続ができません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする